【ブロックチェーンスマホゲームくりぷ豚】仮想通貨でキャラクターを取引?

スポンサーリンク



【ブロックチェーンスマホゲームくりぷ豚】仮想通貨でキャラクターを取引?

 

ブロックチェーンのスマホゲーム、仮想通貨でキャラ売買

ポイントサイト運営のセレスは27日、ブロックチェーン(分散型台帳)を活用したスマートフォン(スマホ)ゲームの配信を始めると発表した。仮想通貨で豚のキャラクターを購入し、他のユーザーの豚と交配させて色々な種類の豚を誕生させ、仮想通貨で売買するゲームだ。

ゲーム開発のスタートアップ、グッドラックスリー(福岡市)とスマホゲーム「くりぷ豚(とん)」を共同開発した。仮想通貨の一種「イーサリウム」を使ってキャラクターの豚を購入したりユーザー間で売買したりして遊ぶ。豚は色や柄、子供が付属しているなど組み合わせによって様々な特長がある。

引用:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2993114027042018X30000/

 

ポイントサイト モッピーを運営するセレスがブロックチェーンを活用したスマートフォンゲームの配信を発表しました。

 

モッピーは中高生に人気で、げん玉、ポイントタウンと並ぶ大手ポイントサイトです。

 

セレスはモッピー以外にモッピーバイト、お財布.COMなど様々なインターネットサービスを提供しています。

 

このセレスが福岡市でブロックチェーンのサービスを提供するグッドラックスリーとタッグを組んでスマホゲーム「くりぷ豚(とん)」をリリースします。

 

ブロックチェーンを利用したスマホゲームと言えばビットハンターズが事前登録を再開しました。

 

仮想通貨が貰えるゲーム登場!?Bit Hunters(ビットハンターズ)に注目

 

 

海外ではブロックチェーンを利用したゲームがすでにリリースされています。

 

今回のくりぷ豚はイーサリアムを利用するのが大きな特徴です。

仮想通貨の一種「イーサリウム」を使ってキャラクターの豚を購入したりユーザー間で売買したりして遊ぶ。豚は色や柄、子供が付属しているなど組み合わせによって様々な特長がある。

引用:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2993114027042018X30000/

 

 

 

仮想通貨を利用するたまごっちのようなイメージでしょうか・・・

 

引用:くりぷ豚 Twitterヘッダー図

 

 

 

リリースは平成30年春の予定です。

 

プレスリリースに詳細が記載されています。

 

今後人気に火が付けば、くりぷ豚がどんどん売買されて、ゲームを楽しみながら利益を得るかもしれませんね( *´艸`)

 

ネットオークションでレアなくりぷ豚が売買されるケースもでてくるかも( ;∀;)

 

ブロックチェーンを利用したゲームが今後主流になってくるかもしれませんね( *´艸`)

コメントを残す

CAPTCHA