アメリカの仮想通貨取引所コインベースが日本進出!?コインベースとは?

スポンサーリンク



アメリカの仮想通貨取引所コインベースが日本進出!?コインベースとは?

 

米国最大手仮想通貨取引所コインベースが日本に進出する。年内に仮想通貨交換業の登録を金融庁に申請する方針だ。同社に出資する三菱UFJフィナンシャル・グループと連携しながら日本市場の開拓を目指す。日経新聞が4日に伝えた。

コインベースは、セキュリティに強みを持つ取引所だ。ニューヨーク州の仮想通貨交換業免許に当たるビットライセンスを取得している。顧客数はウォレットサービスと合わせて2000万人という。日本では販売所と取引所の両方を展開する計画だ。取り扱い通貨はビットコインやイーサリアムなどの主要通貨となる予定。

引用:https://jp.cointelegraph.com/news/

coinbase-will-enter-into-japanese-crypto-market

 

アメリカの仮想通貨取引所「コインベース」の日本進出が報じられました。

 

海外の仮想通貨取引所ではバイナンス、Bittrex、Poloniexなどが有名ですが、セキュリティに強みがあるアメリカの仮想通貨取引所が今回報じられたコインベースです。

 

日本の三菱UFJフィナンシャルグループが2017年7月に10億円を出資しています。

 

 

<バイナンス、Bittrex関連記事>

バイナンス(BINANCE)の手数料は?使い方は?登録方法まとめ

 

 

Bittrex(ビットレックス)の登録方法、使い方は?Bittrexまとめ

 

日本で仮想通貨取引所を運営する場合は、金融庁に申請が必要です。

 

今回のニュースはまだ金融庁への申請の段階ですので、日本国内で許可されるかはまだ未定です。

 

三菱UFJフィナンシャルグループの出資も日本進出を見越した計画だったかもしれません。

 

日本企業と組めば、市場情報も入りますからね!

 

ちなみにコインベースの公式HP はこんな感じ。

 

日本進出後は、日本語対応になるかと思われます。

 

ビットフライヤー、Zaif、コインチェック、GMOコイン、DMMコインに外国勢が加わるということで、利用者にとっては選択肢が増える良い機会ではないでしょうか。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA