マネックスがコインチェック買収を検討?市場は回復傾向に

スポンサーリンク



マネックスがコインチェック買収を検討?市場は回復傾向に

 

マネックスグループがコインチェックの買収を検討する背景には、顧客基盤やシステム、運営ノウハウなどを一気に取り込み、“時間を買う”狙いがあるとみられる。しかし大きな不祥事を起こした企業を取り込むリスクは小さくない。仮想通貨交換業には大手企業も続々と参入を表明しており、激化する競争のなかで思惑通りに事が進むかは不透明だ。

 マネックスが仮想通貨事業への参入を目指すのは仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン(分散型台帳)」が金融取引を大きく変える可能性を秘めているためだ。昨年10月には「第2の創業」として、ブロックチェーンの活用を表明。12月には仮想通貨交換業参入を念頭に新会社を設立し、金融庁に登録申請の意向を伝えていた。

収益性の高さも魅力だ。交換所は売買の仲介で得る手数料のほか、独自に仕入れた仮想通貨の直接販売も行っている。安い時期に仕入れて高く売れば収益も大きく、コインチェックが補償金として日本円で計約466億円を用意できたことも、収益性の高さを印象づける結果となった。

引用:sankeibiz https://www.sankeibiz.jp/business/news/180404/bse1804040500001-n1.htm

 

 

マネックスグループがコインチェックの買収を検討しているという明るいニュースが飛び込んできました( *´艸`)

 

この報道を受けて、相場は一時回復傾向に・・・(その後すぐ下落)

 

もしマネックスグループの買収が現実となれば、コインチェックの一連の不祥事に終止符を打つかもしれません。

 

コインチェック利用者の不安も解消されますからね!

 

買収する側にとっては、今後伸びていくであろう仮想通貨取引所のノウハウ、顧客名簿は喉から手が出るほど欲しいはずです。

 

このニュースが現実になれば市場も一旦落ち着くかもしれませんね( *´艸`)

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA