GMOコインの手数料、登録方法、使い方は?GMOコインに登録してみた

スポンサーリンク



GMOコインの手数料、登録方法、使い方は?GMOコインに登録してみた

 

 

GMOコイン

に登録してみました。

 

 

 

東証一部上場企業のインターネット系企業GMOが運営する仮想通貨取引所です。

 

GMOクリック証券、お名前.comなどネット上の様々なサービスを展開している大手企業です。

 

キャンペーン中だったので勢いで登録してみました。

 

12月末に申請したので、本人確認書類発送までの期間を考えると開設まで約1か月かかりました。

 

 

GMOコインの特徴

 

安全性

 

 

GMOコインは、GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコインのお取引ができる環境を提供しています。「ビットコインはよくわからない」「サービスが使いにくかったら困る」といった不安があっても、GMOコインなら大丈夫。使いやすさを重視して設計された画面で、簡単にビットコインのお取引が可能です。

引用:GMOコインHPより https://coin.z.com/jp/corp/guide/reason/index.html

 

独自の売買システム

 

 

引用:GMOコインHPより https://coin.z.com/jp/corp/guide/reason/index.html

 

一番の特徴は、購入金額の価格差がないこと。

提示金額で購入できる旨をうたっています。金額変動が激しい仮想通貨、特に短期売買の人には優しいシステムかもしれません。

 

日本円入出金、ビットコイン引き出しが無料

 

 

 

 

日本円の入出金、ビットコインの引き出しが無料です。

これはかなり嬉しい( *´艸`)意外と入出金の手数料が馬鹿になりませんからね!

手数料はGMOコインが自己負担ということで非常にありがたい制度です。

 

 

取引手数料は?

 

気になるのが取引手数料。

取引手数料は無料です( *´艸`)

キャンペーンで無料としている取引所もありますが、最初から無料を打ち出しています。

 

仮想通貨現物売買、FX、取引手数料が無料です。

 

ビットフライヤーは取引所は0.01%~0.15%、販売所は無料、Binanceは0.1%です。

 

ビットフライヤーの手数料は?アプリ・登録方法とかまとめ

 

バイナンス(BINANCE)の手数料は?使い方は?登録方法まとめ

 

 

ただやはり取引所で購入した方が安く収まるので手数料だけでは一概に安く購入できるとは言えませんが・・・

 

 

ちなみに下記図はGMOコインとZAIFの比較画面。

やはりZAIFのビットコイン取引所の方が割安です。

 

 

ただGMOコインがうたっているのが取引所で正確な金額で購入できる。ということなので価格の乱高下が激しい時はGMOコインの方が安心して購入できるかもしれません。

 

登録方法

 

登録は簡単です。

GMOコイン

のトップ画面から口座開設を選択。

 

 

メールアドレスを登録し、送付されてくるアドレスを認証、必要情報を入力。

 

 

本人確認のハガキが郵送されてきますので、受け取り後、確認コードをマイページに入力して取引可能に。

 

簡単です( *´艸`)

 

日本円の入金方法はマイページの左側メニュー画面から入出金→日本円をクリック。

 

 

即時入金、振込入金が選択できます。

あとは利用の銀行から日本円を振り込めばOKです。

 

 

 

 

キャンペーン中

 

なぜ登録したかというとキャンペーン中だったから!

いつまで続くかは分かりませんが( *´艸`)

 

こんな感じで少額ですがビットコインが配布されていました。

 

 

 

まとめ

 

東証一部上場のGMOが運営するGMOコイン。

 

・GMOグループの安心感

・指定した金額で購入可能

・入出金、取引手数料が無料

 

これらが大きな特徴です。

 

気になる方はご登録を↓



 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。