仮想通貨(ICO)が詐欺(無価値)かどうか見分けるサイトの紹介

仮想通貨(ICO)が詐欺(無価値)かどうか見分けるサイトの紹介

 

約8割が詐欺と言われる仮想通貨のプロジェクト。

 

購入を検討しているプロジェクトが詐欺かどうか見分けるサイトがあればありがたいですよね。

 

ということで「無価値になった」「詐欺ではないか?」「消滅したプロジェクト」

 

 

など怪しい仮想通貨がまとめられているサイト(アメリカ)を紹介します。

 

それがこちら

 

 

 

 

サイトでは

 

怪しい仮想通貨に

 

「SCAM(詐欺)」

「Deceased(消滅した)」

 

なとの評価がされています。

 

もし購入を検討している仮想通貨があれば、リスクが多分にあると考えられると言うことです。

 

このサイトを利用すれば、すでに運営元が破綻し、価値が暴落して無価値になっているプロジェクトがどうか見分けることが可能なわけです!

 

全て英語ですが、見やすいサイトです。

 

詐欺案件が多いICO

 

ICO(Initial coin offering)とは仮想通貨(トークン)を事前に発行し、行われる資金調達です。

 

 

「〇〇というプロジェクトを開始するから、〇〇トークンを発行します。

 

将来有望なプロジェクトだからみんな買ってくださいねー。」

 

 

というように事前にトークンを発行し資金調達を行うわけです。

 

ICO参加の注意点は大きく分けて2点。

 

・運営元の破綻リスク(プロジェクトが実施されない)

 

・トークンのICO割れリスク

 

 

 

これらに注意しなければなりません。

 

ICOでトークンを購入しても、運営元が破綻(詐欺含む)すれば、トークンは無価値になってしまいます。

 

またICOで購入したときの価格よりも一気に値下がりして損をしてしまうわけですね。

 

購入には非常に注意が必要です。

 

 

・ICOに需要はあるのか?

 

・ICO運営元はしっかりしているのか?(大手企業がスポンサーなど)

 

・他の仮想通貨プロジェクトでも代替できない案件か

 

これらが見分けるポイントです。

 

ICOの購入は儲ける可能性もありますが、リスクも多分に含まれているので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

初心者の方はこちら

コメントは受け付けていません。