仮想通貨の始め方【購入方法、知らなきゃマズイ注意点などまとめ】

スポンサーリンク



仮想通貨の始め方【購入方法、知らなきゃマズイ注意点などまとめ】

 

仮想通貨の始め方を簡単にまとめてみました。

「儲かる」

「何倍になった!」

巷で流れる良い噂ばかり信じると火傷するかも!?ということで、注意点も紹介したいと思います。

 

 

仮想通貨の注意点

 

仮想通貨は投機?

 

仮想通貨、特にビットコインは非中央集権型の通貨です。

 

みんなが「これを通貨と認めましょう」と信頼し合って価値が保たれています。

 

「ビットコインはこれぐらいの価格だよね」と相場で決まっていくということです。

 

人生ゲームのお金みたいなものです。

 

日本円の場合は日本銀行が流通量をコントロールしているので価値が安定しています。

 

国が発行主体なのでただの紙切れの円が信頼され価値を持ちます。

 

株の場合は取引所が企業の審査をし、上場され株式市場で取引されます。

 

値幅制限があるので、暴落、暴騰にも制限があります。

 

仮想通貨の場合は、上記に当てはまらず保有者(相場)が価値を定めているので、

 

1日で大きく値動きしてしまいます。

 

例えば下記はビットコインの1日のチャートですが、80万~90万の値動きをしています。

 

恐ろしや・・・です( *´艸`)

 

 

 

 

 

ビットコイン、イーサリアムなど様々な仮想通貨がありますが、実用化されている通貨は限られています。

 

価値が高い通貨ほど、市場から認められていることになりますが、実用化されていない通貨、トークンは、将来何倍にもなる可能性もあるし、ごみくずにもなる可能性があるわけです。

 

実用化されたとしても、我々一般ユーザーが使えるようになるかと言ったら微妙なところで、現状使用できるのはビットコインだけではないでしょうか。

 

 

ということで仮想通貨は保有していても無価値になるリスクがあります・・・

 

不動産、株式とは異なり、実態がないものにお金を投入しているので投機と変わりません( *´艸`)

 

<ざっくりこの記事にまとめています>

 

仮想通貨(ビットコイン)が危険なのは本当か?副業投資に仮想通貨はおすすめ?

 

税金が雑所得扱い

 

 

仮想通貨の利益は、雑所得扱いとなります。

 

株式、FXなどと異なり損益通算できません。

 

仮想通貨で利益、税金はどうなる? 最高税率は55% 雑所得だが総合課税に。商品購入、通貨交換にも課税

国税庁は17年12月、仮想通貨の所得の計算方法を示した。仮想通貨を売却したり、商品を購入するなどして決済に使ったり、さらに仮想通貨同士を交換したりしたときに出た利益に課税する。利益から必要経費を引いた額が所得となるが、給与所得者は給与以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になる。

■総合課税で税率は15~55%

税法上は原則、「雑所得」に区分され為替差益と同様に総合課税の対象だ。税率は一律10%の住民税を合わせると15~55%。所得が高いほど税負担が重くなる。

同じ雑所得でも外国為替証拠金(FX)取引は「先物取引に係る雑所得」として他の所得と区分され、所得税・住民税を合わせた税率は一律20%の申告分離課税が適用されるのと対照的だ。

まず、所得を把握するために表計算ソフトで取引明細を作成しよう。特定口座で取引した金融商品は証券会社が「年間取引報告書」で所得計算をしてくれるが、仮想通貨は自分で計算する必要がある。

引用:NIKKEI STYLE 仮想通貨で利益、税金はどうなる? 最高税率は55% 雑所得だが総合課税に。商品購入、通貨交換にも課税

https://style.nikkei.com/article/

DGXMZO26180130W8A120C1PPD000

 

例えば、平成29年~12月末 1億利益→平成30年1月 1億損失となっても、平成29年度の利益1億分の課税額約5千万円(ざっくり)が請求されるということです。

 

恐ろしや・・・

 

利益が出ても利益分をプールせず、損失を重ねると税金が払えない恐れがあります。

 

 

今回のコインチェックの事件などで今後法律も整備されていくかもしれませんが、株式、FXと大きく異なる点です。

 

 

 

仮想通貨の始め方

 

 

つらつらと注意点を記載してきましたが、かといっても仮想通貨には夢があります。

例えば、ビットコインであれば、

 

201610月頃 1ビットコイン 約6万円

201710月頃 1ビットコイン 約50万円

2018年1月頃 1ビットコイン 約170万円

2018年2月頃 1ビットコイン 約90万円

 

約30倍に暴騰してからの大暴落です。

まさにジェットコースター( *´艸`)

ビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨がありますので早期参入の分だけ、夢があります。

仮想通貨を取引所で購入するには、まずは日本の取引所に登録後、日本円を入金しましょう。

 

<仮想通貨の始め方>

①日本国内の仮想取引所に登録(ビットフライヤー、ZAIFなど)

→個人情報の登録、本人確認書類(住所あてに発送)受取を済ませば日本円入金、取引可能に。登録完了に約1か月かかる場合も。

②日本円の入金、仮想通貨を売買

→登録した取引所に日本円を入金すれば、仮想通貨の売買が可能に。

③海外の仮想通貨取引所を利用する場合

→円建てができないので、日本の仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し海外の取引所に送付。

希望の仮想通貨を売買すればOK

 

 

 

 

取引所への登録方法

 

仮想通貨を売買するには仮想通貨の取引所への登録が必要です。

 

国内ではビットフライヤー、ZAIFが老舗、有名どころです。

 

コインチェックは現在NEM不正流出事件でまともに使える状況ではありません・・・

 

GMOコイン、DMMコインなども新しく参入してきました。

 

<関連記事>

ビットフライヤーの手数料は?アプリ・登録方法とかまとめ

 

 

仮想通貨の積立はZAIF(ザイフ)がおすすめ?手数料とかまとめ

 

 

GMOコインの手数料、登録方法、使い方は?GMOコインに登録してみた

 

 

海外の仮想通貨取引所も人気です。

 

世界最大の仮想通貨流通量を誇るBinanceはおススメです。

 

<関連記事>

 

バイナンス(BINANCE)の手数料は?使い方は?登録方法まとめ

 

 

coinexchange(コインエクスチェンジ)の登録方法、特徴、使い方まとめ

 

ということで、仮想通貨を始めるには

 

①日本の仮想通貨取引所に登録

②日本円を入金

③仮想通貨を売買

 

大きく分けてこの3点です。

 

意外と簡単ですよ( *´艸`)

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA