LINEが仮想通貨事業を開始!?大手企業が続々と仮想通貨業界に参入

スポンサーリンク



LINEが仮想通貨事業を開始!?大手企業が続々と仮想通貨業界に参入

モバイル決済サービス「LINE Pay」がリリースされたのは、2014年12月のこと。3年を経過して、2017年には全世界での年間取引高が4500億円を超え、登録ユーザー数は4000万人となった。そのLINE Payに続き、LINEがついに、というか、ようやく、というべきか、仮想通貨取引所などをはじめとする金融事業に本格的に乗り出す。

1月31日、LINEは金融事業関連の新会社「LINE Financial」の設立を発表した。1月10日に資本金50億円で設立された新会社の代表取締役には、LINE代表取締役社長の出澤剛氏が就任している。

LINE Financialでは、仮想通貨交換や取引所、ローン、保険といった金融関連サービスを、コミュニケーションアプリのLINE上で提供すべく準備を進め、金融事業の拡大を図っていく。また、現在メッセンジャー運用で培ってきたセキュリティへの対応に加え、ブロックチェーン技術などの研究開発も推進することで、安全で便利な金融サービスの提供を目指すという。仮想通貨事業関連に関して、同社は既に金融庁への仮想通貨交換業者登録のための手続きを開始し、審査中とのことだ。

 

引用: TechCrunch  http://jp.techcrunch.com/2018/01/31/line-built-a-new-financial-company/ より

 

 

 

 

LINEが仮想通貨業界に参入表明を行いました。

 

 

 

一部上場のインターネット企業GMO、DMMなども仮想通貨取引所を開設したばかり。

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は独自「MUFGコイン」を開発し実用化を目指しています。

 

・ビットコインの暴落

・コインチェックのNEM不正流出

・インドの仮想通貨規制懸念

で仮想通貨相場が全体的に冷え込んでいますが、

 

大手企業が続々と参入しているということは、その業界に伸びしろ、将来性があるということです。

 

企業も新規事業参入にあたり、事前にしっかりとマーケティングを行います。

 

参入したということは「勝負できる」と判断したわけですからね。

 

海外のメディアでは1BTC50万まで下落するのではないか?と報じられていますが、2月中旬~3月頃に大幅下落が起こってもおかしくないですよね。

 

これはヤバい?と損切りラッシュになるかもしれません。丁度3月は税金も確定する時期。誰も予測しようがありませんが・・・

 

 

「仮想通貨は終わった」と言われますが、企業が続々と参入している以上、今から始まり2~3年後に花開くのかなーと思っていますが・・・

 

聡明期のインターネットみたいに。

 

LINE参入後どうなるでしょうか。

 

LINEのID同士で気軽に仮想通貨を送付し合えれば、他の取引所を凌駕するかもしれませんね。

 

スタンプと一緒に投げ銭感覚で。

 

XPコイン的な?

 

XPコインの買い方と将来性は?discordに登録すれば無料でXPコインをGETできる?

 

投機+楽しみも増えれば他の取引所と差別化できるかもしれません。

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA