ベネズエラが国家で初めて仮想通貨「ペトロ」を発行!

スポンサーリンク



ベネズエラが国家で初めて仮想通貨「ペトロ」を発行!

 

ベネズエラが国家として初めての仮想通貨「ペトロ」を発行しました。

 

 

南米の社会主義国家ベネズエラ。

 

大量の石油埋蔵量をほこるベネズエラですが、度重なる経済制裁、自国内乱を受けて経済危機に瀕しています。

 

 

ベネズエラ国内の通貨ボリバルの価値は大幅に下落・・・

 

 

通貨が下落するということは物価が上がるわけで(極論、野菜が千円~一万など・・・)、経済が混乱している状況です。

 

 

そこで外貨獲得の為の苦肉の策が仮想通貨「ペトロ」。

 

 

1ペトロ=1バレル(埋蔵原油量)が保証されています。

 

ペトロはドル、ユーロ、日本円などで購入可能です。

 

つまりペトロは「自国の通貨の信用性がないから、仮想通貨で外貨を獲得しよう!」と現マドゥロ大統領が考えた政策なわけですね。

 

自国の通貨の信用されていない国が仮想通貨を発行したところで、うまくいくかは不透明です。極端な値上がりも厳しいのではないでしょうか。

 

今後もこのように資金調達が厳しい国が仮想通貨を発行するケースが増えていくかもしれません。

 

 

注意したいのが、このニュースを事例に「〇〇国がバック&関連している仮想通貨」といった詐欺が今後増えていくのではないかということ。

 

注視したいですね( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA