wankcoinとは?成人男性向け(アダルトコンテンツ)仮想通貨の誕生

スポンサーリンク



wankcoinとは?成人男性向け(アダルトコンテンツ)仮想通貨の誕生

 

「WankCoin」という新たな仮想通貨が誕生した。Wank(自慰行為を意味するスラング)の名が示す通り、WankCoinはアダルトサイトの有料コンテンツを誰にも知られず、安全に購入するための仮想通貨だ。

仮想通貨とブロックチェーンのコンセプトを理解するのはそれほど難しいことではない。子供の頃、「チャッキーチーズ(Chuck-E-Cheese)」(ゲームセンターが併設された家族向けレストラン)でトークンを購入してゲームをプレイしたり、商品を購入したのと基本的な仕組みは同じだ。カジノでプラスチック製のチップを購入するのも同じ理屈といえるだろう。

引用:https://forbesjapan.com/articles/detail/21279

 

なかなか面白いニュースです。

アダルトコンテンツを匿名で、周りに知られることなく購入できる仮想通貨「wankcoin」のリリース記事です。

 

ネット上には無料のアダルトコンテンツがあふれているが、最高のものを視聴するのに代金を支払うのは、動画のストリーミングサービスに加入するのに似ている。WankCoinはイーサリアムをベースにしており、怪しい仮想通貨との関連はない。

現在、100以上のアダルトサイトでWankCoin決済を行うことができるという。クレジットカードだと銀行やクレジットカード会社、家族などに購入履歴が知られてしまうが、WankCoinであればそうした心配は一切ない。

WankCoinを開発した「Foshan」は、広告プラットフォームや出会い系サービス、VRや仮想通貨を手掛けるテクノロジー企業で、「WankzVR」の親会社だという。

引用:https://forbesjapan.com/articles/detail/21279

 

アダルトコンテンツを販売、製作している会社が開発した仮想通貨「wankcoin」。

 

wankcoinを使用できるサイトが100以上あるということで、ある程度のプラットフォーム(通貨の流通、利用できる場所)がすでに出来上がっている状態です。

 

wankcoin 詳細記事

 

 

今後ニーズが無くなることはないので、良い着眼点ですが、今後のポイントは

 

  • 他のアダルト系仮想通貨との差別化
  • wankcoinを使用できるプラットフォームがどこまで広がるか(国内・国外)
  • 取引所へ上場するか

 

これら3つでしょう。

 

他にも似たようなアダルト系の仮想通貨がありますので、まずはその仮想通貨と差別化できるか。

 

そして取引所へ上場して、イーサリアム⇔wankcoin と交換でき、最終的に現金化できるか。

 

wankcoinを使用できるプラットフォームが世界に波及するか。

 

日本国内の場合、使用までにハードルが高く、上記の手間を考えれば広まるかは未知数です。

 

現在、トークンセールを開催中の様です。

 

公式HPはこちらからご覧ください。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA